十二天とは

仏教徒を保護する十二の神のこと。八方(東西南北とその間)を守る八天と天地(天地、太陽、月)を守る四天を足して十二天。

宝石未実装の草元素を除き、七神にあたるインド神話の神はすべて十二天に含まれる。

十二天リスト

帝釈天インドラ雷神(雷電眞
火天アグニ炎神
焔摩天ヤマ
羅刹天ラークシャサ
水天ヴァルナ(ヴォウルナ)エデン、水神
風天ヴァーユ風神(ウェンティ
毘沙門天ヴァイシュラヴァナ
伊舎那天(大自在天)イシャーナ(シヴァ)エリシア、氷神
梵天ブラフマーK.K
地天プリティヴィー岩神(鍾離
日天スーリヤ、アーディティヤ
月天チャンドラ
太字は登場済みのキャラ

注釈

帝釈天インドラとインドラの武器バジュラ

アメシストが”Vajrada Amethyst”となっていることからすると、インドラが眞、インドラの武器バジュラが影

水天ヴァルナ=ヴォウルナ(エデンの超変因子)

古の楽園のテキストでは「ヴォウルナ」。エデンの崩落した姿は巨大な竜。水神であるヴァルナはしばしばは蛇と関連付けられナーガ達の王とも言われる。

伊舎那天=シヴァ(エリシアの超変因子)

伊舎那天は大自在天の異名であり、シヴァから派生した神格とされる説がある。

エリシアと氷神との共通点:エリシア自身は氷元素の力を使ったことはないが、シヴァの配偶神の名を冠したパールヴァティー(ケビンの超変因子)は氷元素の崩壊獣。また、エリシアの出身地は「オストク-51」で東欧系(ロシア?)の地名と思われる。(ウラジオストックのオストク)

参考文献